タクシー運転手です、最近ヒマが多くなっています。


by koyl5wkdxt
 原口一博総務相は26日までに、国会との連絡・調整を担う原口亮介総務課長ら4人を交代させる4月1日付の人事を内示した。同日の閣議後記者会見で「更迭ではない」としたが、省内では総務相が参院予算委員会などに2度遅刻したことに伴う人事と受け止められている。 

【関連ニュース】
郵政めぐり党首対立の様相=亀井氏を批判「発表まずかった」
公務員制度改革で独自案=自民・中川氏ら
鳩山首相、郵政改革案「了解してない」=亀井氏は真っ向反論
骨格発表、首相も了承=亀井氏、閣内の批判に反論
鳩山首相、郵貯限度額上げ「議論必要」=閣内の調整不足露呈

<電話不通>東京の板橋区役所で12時間以上 機器の故障か(毎日新聞)
「警察は被害女児家族におわびを」公安委員長(読売新聞)
郵政改革 亀井担当相の案で決着 預け入れ限度額引き上げ(毎日新聞)
皇太子ご一家が帰京(産経新聞)
雇用保険法改正案、衆院通過(時事通信)
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-04-02 03:45
 奈良「正論」懇話会の第40回講演会が29日、奈良市内のホテルで開かれ、評論家の西部邁(すすむ)氏が「保守再興に向けて」と題し講演した。この中で西部氏は「国の歴史の知恵が改革のあり方を示してくれる」と強調した。

 また、近年盛んに叫ばれた「構造改革」について「自分の精神の根本を引き抜くことで、歴史感覚の乏しい人が使う乱暴な言葉。米国から来た言葉で、事務所、工場内での構造改革という意味だった」と批判。そのうえで「歴史の常識の中で、平等と格差の間、友愛と競合の間でバランスをとることが大切だ」と指摘した。

 さらに「歴史が伝え残すコモンセンス(常識)は地域や時代を超えて共通する。根本的に共通するものごとの判断基準は健全だ」と語った。

【関連記事】
郵政改革を参院選争点に 自民・大島氏「時代に逆行」
郵政、民営化から“肥大化”へ転換 民間に一定配慮も「基本」は堅持
民主・小泉議員が12分間も「小泉改革」批判 持ち時間なくなる
鳩山政権に警告 普天間問題、三方千両損なる可能性も
日米安保50年 鳩山内閣、日米同盟最大の危機どう乗り越える?
あれから、15年 地下鉄サリン事件

【暗流 公益法人の闇】黒澤財団、寄付金流用(産経新聞)
<児童ポルノ>定義の厳格化求める 日弁連が意見書(毎日新聞)
「日韓併合まで朝鮮近代化できず」枝野行政刷新相(読売新聞)
<2歳児死亡>母親と同居男を傷害容疑で逮捕…大阪府警(毎日新聞)
<2歳長男虐待死>母親に懲役7年の実刑判決 東京地裁(毎日新聞)
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-03-31 01:22
 茨城県牛久市で1995年、ホテル経営松田行雄さん(当時68歳)が縛られ、死亡した事件で、水戸検察審査会は、時効の約1か月前に強盗致死容疑で逮捕され、不起訴となった男性3人のうち千葉県鎌ヶ谷市、無職男性(73)について不起訴不当を議決した。

 2人は不起訴相当とした。議決は19日付。

 水戸地検は昨年12月、3人を処分保留で釈放。今年1月に不起訴(嫌疑不十分)とし、遺族が1月末、検察審査会に申し立てていた。

 事件の公訴時効(15年)は1月18日で過ぎているが、捜査関係者によると、不起訴不当とされた無職男性は海外渡航歴があり、男性について時効は成立していないとしている。水戸地検は、無職男性を起訴すべきかどうか改めて判断する見通し。

 議決によると、無職男性は別の者らを誘って犯行に及んだことを認める供述をしており、目撃者の供述と符合していることなどから、男性の供述は合理性と信ぴょう性があるとしている。そのうえで、水戸検察審査会は、「検察官は共犯者と思われる別の者らの取り調べの捜査を十分尽くしたとは言えない。再考を求める」と指摘した。

 共謀したとして逮捕された2人については、「公訴時効が完成したと認められ、不起訴処分は相当。犯行を認めるに足る証拠は発見されていない」としている。

 議決結果を受け、無職男性は取材に応じ、「これまでの取り調べでも(共謀したとされていた)2人は関係ない。ほかの人間とやったと言ってきたわけだし、特にコメントはない」と話した。

<福島党首>米の核抑止力「内閣に従う」(毎日新聞)
阿久根市長の議会出席拒否を批判…総務副大臣(読売新聞)
郵貯限度額引き上げに懸念=改革案は「民業圧迫」−野田財務副大臣(時事通信)
<福知山線事故>遺族の思い届く 歴代3社長起訴議決 (毎日新聞)
白老バーガーの宣伝に一役=北海道物産展を満喫−首相(時事通信)
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-03-27 21:23
 永山 光幹氏(ながやま・こうかん=刀剣研磨師、本名茂=しげる)22日午後4時35分、肺炎のため神奈川県平塚市の病院で死去、90歳。神奈川県出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く。喪主は妻サト子さん。
 多くの国宝、重要文化財の刀剣研磨を手掛け、98年、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された。 

喜美氏、打診は否定も北野大氏にラブコール「出てほしい」(スポーツ報知)
30年地震確率、高い水準に=新潟・十日町断層帯西部−政府調査委(時事通信)
宇治茶 大規模茶園が京都府に完成 大型機械で率化図る(毎日新聞)
北方四島のビザなし交流に入港税「受け入れは困難」 政府答弁書(産経新聞)
宮崎あおいはかわいすぎ?三木監督が「ソラニン」ファンと交流
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-03-26 14:29
 覚せい剤取締法違反(使用)に問われた元千葉県警佐倉署警部補、佐藤祐介被告(49)=懲戒免職=に対し、東京地裁は23日、懲役2年6月、執行猶予4年(求刑・懲役2年6月)の有罪判決を言い渡した。吉村典晃裁判官は「『交際女性と別れたくない』という気持ちから覚せい剤を女性と一緒に使用しており、強い非難に値する。警察への信頼を損なわせたが、深く反省している」と述べた。

 検察側は公判で、佐藤被告がかつて容疑者として取り調べた池辺正子被告(43)=同法違反で公判中=と不倫関係になり、池辺被告に密売人を紹介したと指摘していた。

 判決によると、佐藤被告は09年12月、千葉県佐倉市で池辺被告とともに覚せい剤を使用した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
中国:覚せい剤密輸容疑で日本人逮捕 1キロ所持
覚せい剤:ボーカリストの中村容疑者追送検 使用の疑いで
覚せい剤:元警部補が「密売人紹介」初公判で検察
覚せい剤:被告に無罪判決、譲渡相手の供述変遷 岐阜地裁
裁判員裁判:「制度は違憲」覚せい剤密輸で控訴の被告主張

長男殺害の男、二審も懲役12年=一審裁判員を支持−高松高裁(時事通信)
電波望遠鏡ALMA 日本のアンテナの愛称「いざよい」に(毎日新聞)
<高校無償化>自治体は配慮を 川端文科相(毎日新聞)
警察手帳4冊を紛失=退職予定者から預かり保管中−兵庫県警(時事通信)
ヘラクレスオオカブトなど盗む=108匹、自称会社員逮捕−埼玉県警(時事通信)
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-03-24 10:20