タクシー運転手です、最近ヒマが多くなっています。


by koyl5wkdxt

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(36)(起訴)が東京地検特捜部の再聴取に対し、同会が2004年に購入した土地代金を政治資金収支報告書に不記載とする方針について「小沢氏に報告し、了承を得た」と、改めて小沢氏の関与を認める供述をしていたことが分かった。

 ただ、検察当局は、石川被告の供述は依然として具体性が乏しく、小沢氏との共謀までは認められないとして、今週中にも小沢氏を再び嫌疑不十分で不起訴とする方針。

 特捜部は小沢氏、石川被告に続いて、18日には同会元会計責任者・大久保隆規被告(48)と元私設秘書・池田光智被告(32)から聴取した。これで、小沢氏に対する東京第5検察審査会の「起訴相当」議決を受けた再捜査はほぼ終了した。

 再聴取で注目されたのは、石川被告の供述だった。石川被告は逮捕後の取り調べで、陸山会が小沢氏からの借入金4億円で04年に購入した東京都内の土地の代金を同年分の収支報告書に記載しない方針について、小沢氏から了承を得たなどと供述。同審査会は、この供述が、小沢氏の共謀を示す直接的な証拠と認定していた。関係者によると、石川被告は17日の事情聴取にも、同様の供述をしたという。

 不起訴を受け、同審査会は第2段階の審査に入るが、同審査会が再び「起訴相当」と議決すれば、小沢氏は裁判所が指定する弁護士により強制起訴される。

<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)
<参院選>「日本創新党」党首の山田氏、出馬を正式表明(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
高速新料金6月断念 小沢氏「国民の気持ちも一緒」(産経新聞)
仕分け後半戦の対象法人を決定―刷新会議(医療介護CBニュース)
[PR]
by koyl5wkdxt | 2010-05-26 18:28
 福岡市は7月から、公用車として使っている電気自動車(EV)を市の業務がない土日祝日に市民に無料で貸し出すカーシェアリングの実験を行う。

 電気自動車を気軽に運転できる環境を整えることで、地球温暖化対策に有効な電気自動車の普及を図るのが目的。市では実施にあたり、ノウハウを持つ民間業者を14日から公募する。

 市港湾局によると、実験は7月から12月中旬までの土日祝日の約50日間。利用者は同市東区の人工島にある駐車場で電気自動車を借り、返却する仕組みだ。具体的な運用方法は今後選ばれる民間業者に任せられるが、同局では、多くの人に利用してもらうため、時間制による予約での運用を想定している。

 市は三菱自動車製の電気自動車「アイ・ミーブ」8台を所有している。これまではイベントで市民が助手席に乗るだけで、運転はできなかった。今回の実験で利用希望者が多ければ、来年度以降、対象台数を増やす可能性もあるという。

野宿男は重要参考人!保護中に発覚、あわてて逮捕(スポーツ報知)
藤原さんは藤原氏の末裔・・・?(産経新聞)
NPT会議 日本主導で声明 被爆者、ロシアの賛同を評価(毎日新聞)
<四川大地震>千年前にもM8級…同じ断層帯 静岡大チーム(毎日新聞)
手作りの土笛、どんな音色? 世田谷区の児童館で親子ら挑戦(産経新聞)
[PR]
by koyl5wkdxt | 2010-05-17 14:30
 旧ソ連・チェルノブイリ原発事故の被害者支援を続ける広島県府中市の市民団体「ジュノーの会」が25日、同市内で被ばく者の手記朗読など報告会を開き、活動への協力を訴える。事故は26日で発生から24年。同会が19年間続けた医師派遣は資金不足で昨年から中断しているが、甲斐等代表(59)は「現地で今も多くの人々が救いの手を待ち望んでいる」と、派遣再開への協力を呼び掛けている。

 同会は、戦後の広島に大量の医療物資を届け、被爆者治療にも取り組んだスイス人医師マルセル・ジュノーさんにならい、世界中のヒバクシャ救援を目指して80年代末に発足。チェルノブイリ事故の被害者支援に取り組み、これまでに延べ約200人の医師を現地に派遣し、甲状腺がんなど1000人以上の患者を診療した。

 また、広島の被爆者の現地訪問にも協力。98年ごろ同会と一緒にウクライナに行き、現地の学生や主婦らに被爆体験を語った久保浦寛人さん(85)=広島市東区=は「事故と戦争という違いはあれど、原子力の恐怖を味わう点では同じ。高齢の私が生き続けていることに希望を抱いた様子だった」と振り返る。

 しかし、会の財政を支えてきた都内の企業が「一定の役割を果たした」と08年に資金援助を終了。1回あたり400万〜600万円という医師の派遣費用の確保が困難になり、同年を最後に派遣を中断した。その後も、現地の互助組織支援や医薬品代として年約150万円を送っているが、甲斐代表は「患者の病状は進むのに、支援は手薄になり、心苦しい。一刻も早く医療救援を再開させたい」と話している。寄託は郵便振替01370・0・29460でジュノー基金へ。問い合わせは甲斐代表(0847・45・0789)。【豊田将志】

【関連ニュース】
OBサミット:核兵器禁止条約の締結など提言し閉幕 広島
OBサミット:広島で開幕「核兵器なき世界」議題に
核兵器廃絶:プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに
記者の目:被爆者を継続取材して思う=宇城昇(広島支局)
第九伝説:瓦礫の広島に流れた 絵本、朗読へ

<天気>GW 東、西日本は晴れ多く、北日本は初め荒れ模様(毎日新聞)
米戦闘機2機が緊急着陸=青森空港(時事通信)
鳩山首相の鹿児島入り見送り=徳之島案、さらに困難に(時事通信)
劇団四季「キャッツ」が7486回=ブロードウェーのロングラン記録超える(時事通信)
進次郎氏、自民の実情嘆く「非常に情けない状況です」(スポーツ報知)
[PR]
by koyl5wkdxt | 2010-05-01 01:14