タクシー運転手です、最近ヒマが多くなっています。


by koyl5wkdxt
 山口県宇部市出身の菅直人氏が4日、県出身者としては9人目の首相に選出された。

 かつてのクラスメートたちは「あの頃と変わらぬ信念と思いやりで頑張って」と祝福。経済対策、農業振興、子育て支援など山積する課題に、有権者からは注文も相次ぎ、参院選山口選挙区(改選定数1)の立候補予定者らの間では、民主党の党勢回復への期待と警戒感が激しくせめぎ合った。

 中学の同級生で設計事務所を営む宇部市今村北の春日俊彦さん(64)は「宇部に来る度に『首相になれ』と声をかけ、応援してきた」と笑顔を見せた。この日は同級生らと宇部市内の飲食店に集まり、新代表誕生の瞬間を見守った。「首相就任後は、思いやりの気持ちで難題に対応してほしい」と期待した。

 幼稚園から高校まで一緒だった同市琴芝町の木原道子さん(63)は「苦労が絶えないだろうが、普通の家庭の育ちだし、庶民のためにやってくれると思う」と語った。

 中学の同級生だった同市西岐波の森本真理子さん(63)は「宇部に来たとき、同級生から聞かれたことに一つひとつ誠実に答えていたのが印象的だった。首相就任後も国民と同じ目線を維持してくれると思う」と話した。

 高校で菅氏と同じクラスだった西村亘副知事は「大変うれしい。川を冒険するなどユニークなところがあったが、まじめで聡明。非常に良い学友だった」と懐かしそうに振り返った。

 ◆基地騒音解決など注文相次ぐ◆

 米海兵隊岩国基地を抱える岩国市で、基地騒音被害の損害賠償などを国に求めている「岩国爆音訴訟」原告団長の津田利明さん(64)は「菅さんは厚相の頃、薬害エイズ問題で実績を上げている。全国の基地の騒音被害についても、国民目線で解決につなげてほしい」と要望した。

 一方、米空母艦載機移駐に容認の立場をとる市民団体「岩国の明るい未来を創(つく)る会」の原田俊一会長(77)は「トップが変わっても、実現不可能なマニフェストを掲げる民主党には不安を感じる。菅さんは言葉はうまいが、首相を務めるには危なっかしい」と話した。

 口蹄疫(こうていえき)問題で競りが中止されるなど経済的に打撃を受けている県畜産振興協会の冨岡郁夫専務理事(64)は「鳩山内閣の初動対応の遅れが今の事態を招いた。菅内閣には、万全の危機管理体制を期待したい」と注文した。

 幼稚園に通う次男(5)を迎えに行く途中に菅首相選出を知ったという周南市弥生町の主婦(36)は「今度は政権を途中で投げ出さないでほしい。子ども手当も財源の見通しがわからないので、いつまでもらえるのか不安。安心して子育てできる制度を作ってもらいたい」と求めた。

 県商工会議所連合会の林孝介会頭は「失われた10年とも、20年とも言われる経済の後退を一日も早く取り戻すため、しっかりとした経済成長戦略に取り組んでほしい」とコメントした。

 ◆「国民目線の政治を」◆

 民主党公認で立候補予定の原田大二郎氏(66)は山口市の事務所で取材に応じ、「国民目線の政治を推し進めてくれるだろう」と喜んだ。街頭での有権者の反応も良く、「民主党が国民の身近にいることをわかってもらっているようだ」と手応えを語った。

 ◆「総理が誰になろうと…」◆

 自民党公認で立候補予定の岸信夫氏(51)は「鳩山内閣の副総理が総理になるのは違和感がある。普天間問題迷走を許したことに連帯して責任を取り、解散総選挙を行うべき。総理が誰になろうと無責任な体質は変わらない」とのコメントを発表。

 共産党から立候補を予定する木佐木大助氏(55)は、岩国市でテレビ中継を見届け、「(首相の)顔だけ代えても国民の信頼を得られるものではない。基地問題や政治とカネの問題など、かじ取りに全く期待できない」と厳しい口調で語った。

司法修習生の給与維持訴え=日弁連などが集会―東京(時事通信)
防火設備の補助対象を拡大、グループホーム火災受け―厚労省(医療介護CBニュース)
シスメックス: 血中循環がん細胞検出技術の臨床的有用性の検証に向け、国立がんセンターと共同研究を開始
タイムシェアで戸建て有効活用 軽井沢に別荘所有!軽い負担(産経新聞)
政調会長などで詰め=「菅執行部」、7日発足(時事通信)
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-06-11 20:49
 岡田克也外相は26日の衆院外務委員会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)を埋め立てる現行計画の環境影響評価(アセスメント)について「追加的調査も必要かもしれない」と述べ、アセスメントをやり直す可能性を示した。

 鳩山由紀夫首相は移設先について「環境面に徹底的に配慮する新しい形を作り上げたい」と述べており、岡田氏の発言は、乱開発などで海に流れ込んだ土砂によるヘドロを使う「環境配慮型埋め立て」工法を念頭においたものとみられる。

 日米両政府が28日に発表する共同声明は「現行アセスの手続きを遅らせない」と明記する。岡田氏はそれを踏まえたうえで「多少遅れてでもそちらの方が沖縄にとって望ましいということも考えられる」と述べ、06年の日米合意が2014年までとする移設期限に多少の遅れが生じる可能性を指摘。「現在の案に比べて5年、10年遅れることは想定していない」と述べた。

 アセス手続きは通常3年程度が必要。現行アセスは評価書をまとめる最終段階で中断しており、県条例によると、約55メートル以上動かす場合はアセスのやり直しが必要となる。移設場所が辺野古周辺であれば、約1年かかるジュゴンやサンゴなど動植物の現況調査などは既に実施した結果の流用が可能だが、新たに水流や騒音などの予測調査が必要で、2年遅れる計算になる。

 政府は米側と工法や移設場所について引き続き協議し、8月までの基本合意を目指すが、県側とも調整の焦点となりそうだ。【仙石恭、野口武則】

【関連ニュース】
普天間移設:社民、閣議で決定反対 官房長官に申し入れ
普天間移設:日米首脳27日にも合意 政府方針は閣議で
普天間移設:与党、社民つなぎ留め 参院選にらみ協力優先
普天間移設:首相、政府方針は閣議で 福島氏は署名拒否へ
参院選:政権窮地、浮き彫りに 普天間問題など批判厳しく

<気象>竜巻と雷の「ナウキャスト」 気象庁が27日から発生予測(毎日新聞)
<天皇、皇后両陛下>ハンセン病施設など訪問し帰京(毎日新聞)
少子化問題、雇用の安定へ有期契約の正社員を 佐藤博樹・東大教授(産経新聞)
トラック運転手逮捕 大阪・港区の死亡ひき逃げ(産経新聞)
「10億円はFXに使った」 着服の近鉄ビルサービス元社員を起訴(産経新聞)
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-06-01 22:28
 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の政治資金規正法違反事件で、同会元事務担当者・石川知裕衆院議員(36)(起訴)が東京地検特捜部の再聴取に対し、同会が2004年に購入した土地代金を政治資金収支報告書に不記載とする方針について「小沢氏に報告し、了承を得た」と、改めて小沢氏の関与を認める供述をしていたことが分かった。

 ただ、検察当局は、石川被告の供述は依然として具体性が乏しく、小沢氏との共謀までは認められないとして、今週中にも小沢氏を再び嫌疑不十分で不起訴とする方針。

 特捜部は小沢氏、石川被告に続いて、18日には同会元会計責任者・大久保隆規被告(48)と元私設秘書・池田光智被告(32)から聴取した。これで、小沢氏に対する東京第5検察審査会の「起訴相当」議決を受けた再捜査はほぼ終了した。

 再聴取で注目されたのは、石川被告の供述だった。石川被告は逮捕後の取り調べで、陸山会が小沢氏からの借入金4億円で04年に購入した東京都内の土地の代金を同年分の収支報告書に記載しない方針について、小沢氏から了承を得たなどと供述。同審査会は、この供述が、小沢氏の共謀を示す直接的な証拠と認定していた。関係者によると、石川被告は17日の事情聴取にも、同様の供述をしたという。

 不起訴を受け、同審査会は第2段階の審査に入るが、同審査会が再び「起訴相当」と議決すれば、小沢氏は裁判所が指定する弁護士により強制起訴される。

<八街殺人放火>「鉄パイプで殴り、刺す」…2人に逮捕状(毎日新聞)
<参院選>「日本創新党」党首の山田氏、出馬を正式表明(毎日新聞)
<ダイヤ鑑定かさ上げ>全宝協が業界団体を退会(毎日新聞)
高速新料金6月断念 小沢氏「国民の気持ちも一緒」(産経新聞)
仕分け後半戦の対象法人を決定―刷新会議(医療介護CBニュース)
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-05-26 18:28
 福岡市は7月から、公用車として使っている電気自動車(EV)を市の業務がない土日祝日に市民に無料で貸し出すカーシェアリングの実験を行う。

 電気自動車を気軽に運転できる環境を整えることで、地球温暖化対策に有効な電気自動車の普及を図るのが目的。市では実施にあたり、ノウハウを持つ民間業者を14日から公募する。

 市港湾局によると、実験は7月から12月中旬までの土日祝日の約50日間。利用者は同市東区の人工島にある駐車場で電気自動車を借り、返却する仕組みだ。具体的な運用方法は今後選ばれる民間業者に任せられるが、同局では、多くの人に利用してもらうため、時間制による予約での運用を想定している。

 市は三菱自動車製の電気自動車「アイ・ミーブ」8台を所有している。これまではイベントで市民が助手席に乗るだけで、運転はできなかった。今回の実験で利用希望者が多ければ、来年度以降、対象台数を増やす可能性もあるという。

野宿男は重要参考人!保護中に発覚、あわてて逮捕(スポーツ報知)
藤原さんは藤原氏の末裔・・・?(産経新聞)
NPT会議 日本主導で声明 被爆者、ロシアの賛同を評価(毎日新聞)
<四川大地震>千年前にもM8級…同じ断層帯 静岡大チーム(毎日新聞)
手作りの土笛、どんな音色? 世田谷区の児童館で親子ら挑戦(産経新聞)
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-05-17 14:30
 旧ソ連・チェルノブイリ原発事故の被害者支援を続ける広島県府中市の市民団体「ジュノーの会」が25日、同市内で被ばく者の手記朗読など報告会を開き、活動への協力を訴える。事故は26日で発生から24年。同会が19年間続けた医師派遣は資金不足で昨年から中断しているが、甲斐等代表(59)は「現地で今も多くの人々が救いの手を待ち望んでいる」と、派遣再開への協力を呼び掛けている。

 同会は、戦後の広島に大量の医療物資を届け、被爆者治療にも取り組んだスイス人医師マルセル・ジュノーさんにならい、世界中のヒバクシャ救援を目指して80年代末に発足。チェルノブイリ事故の被害者支援に取り組み、これまでに延べ約200人の医師を現地に派遣し、甲状腺がんなど1000人以上の患者を診療した。

 また、広島の被爆者の現地訪問にも協力。98年ごろ同会と一緒にウクライナに行き、現地の学生や主婦らに被爆体験を語った久保浦寛人さん(85)=広島市東区=は「事故と戦争という違いはあれど、原子力の恐怖を味わう点では同じ。高齢の私が生き続けていることに希望を抱いた様子だった」と振り返る。

 しかし、会の財政を支えてきた都内の企業が「一定の役割を果たした」と08年に資金援助を終了。1回あたり400万〜600万円という医師の派遣費用の確保が困難になり、同年を最後に派遣を中断した。その後も、現地の互助組織支援や医薬品代として年約150万円を送っているが、甲斐代表は「患者の病状は進むのに、支援は手薄になり、心苦しい。一刻も早く医療救援を再開させたい」と話している。寄託は郵便振替01370・0・29460でジュノー基金へ。問い合わせは甲斐代表(0847・45・0789)。【豊田将志】

【関連ニュース】
OBサミット:核兵器禁止条約の締結など提言し閉幕 広島
OBサミット:広島で開幕「核兵器なき世界」議題に
核兵器廃絶:プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに
記者の目:被爆者を継続取材して思う=宇城昇(広島支局)
第九伝説:瓦礫の広島に流れた 絵本、朗読へ

<天気>GW 東、西日本は晴れ多く、北日本は初め荒れ模様(毎日新聞)
米戦闘機2機が緊急着陸=青森空港(時事通信)
鳩山首相の鹿児島入り見送り=徳之島案、さらに困難に(時事通信)
劇団四季「キャッツ」が7486回=ブロードウェーのロングラン記録超える(時事通信)
進次郎氏、自民の実情嘆く「非常に情けない状況です」(スポーツ報知)
[PR]
# by koyl5wkdxt | 2010-05-01 01:14